学校と授業料

〔専門学校〕声優になるためのひとつの方法として、その職業人を養成している専門学校に通って勉強するという手段があります。
というのも声を使うその仕事は体全体で演技するのと違い、声だけで演技するというテクニックを求められるからです。
〔事務所所属の学校に通う〕専門学校に類似するスクールとして、声優事務所が経営している学校を挙げることができます。
事務所が経営しているということもあり、講師の中には現場で活躍していた声優がいることもあります。
そのため学生たちは、場合によってはその人物から演技の仕方について教えてもらうことがあります。
その他にも類似するスクールに、声優個人が開いている養成所が存在し、そこで勉強をするという手段もあります。

〔専門学校の場合〕専門学校に通って勉強しようとするならば、当然ながら学費が必要でかなり高額の費用を必要とします。
〔事務所所属の学校の場合〕事務所に付属している学校に通う場合においても費用は高いですが、専門学校と比べると低い場合が多いです。
〔違いについて〕専門学校と事務所併設学校では費用について高低が存在しますが、それには理由があるからです。
事務所併設学校は事務所が経営しており、ここでの学費に加えて事務所所属の声優によって得られるお金が入ってきます。
そのため収入が二つ存在することになり、専門学校と比べると学生に求める学費は低くなります。
一方で専門学校は収益のほとんどが学費のため、利益を出すとなるとどうしても高額となります。
また、声優個人が開いている養成所もまた学費は高いものの、専門学校と比較すれば低い傾向にあります。